1. TOP
  2. 「アラン・カルデックの霊との対話」からの一部引用(ルーヴェ・フランソワ=シモン―身投げをした男性)

「アラン・カルデックの霊との対話」からの一部引用
(ルーヴェ・フランソワ=シモン―身投げをした男性)

以下のメッセージは、1863年2月12日にル・アーヴルで行われた霊実在主義者の集いにおいて、自発的に降ろされた霊示である。

自殺霊からの霊示
「ああ、これほど長い間、これほどひどく苦しんでいる悲惨な者に、どうか哀れみを!
ああ、空虚…。空虚の中を落ちていく、限りなく落ちていく。ああ、助けてくれー
神様、私はとても悲惨な人生を送りました。哀れな人間でした。特に、老いてからはいつも飢えに苦しみました。
だから、酒に溺れ、すべてを恥じ、すべてに嫌悪を感じていたのです…もうこれ以上、生きていたくなくなり、身を投げました。
ああ、神様何という恐ろしい瞬間!いずれにしても、もうすぐ死ぬはずだったのに、どうして自分から死を選んだのだろうか!どうか祈ってください。もうこれ以上、空虚がのしかかることに耐えられません。このままでは体が砕けてしまいます。どうかお願いします。
あなたがたは、自殺によって地上を去った人間が、どれほどの悲惨を経験するか、よくご存知です。見ず知らずのあなたがたに、こうしてお願いするのはこの苦しみに、これ以上、耐えられないからなのです。私が誰かという証明は必要ないでしょう。これだけ苦しんでいる、それで充分ではないですか!
もし、私が腹をすかせていたとしたら、あなたがたは、きっと私にパンをくださったことでしょう。
ですから、パンをくださる代わりに、どうか祈ってください。
もうそろそろ帰らなければなりません。近くにいる幸福な霊たちに聞いてみてください。そうすれば私が誰だかわかるでしょう。」

近くにいる幸福な霊からの霊示
「わが子よ、いま、あなたにメッセージを送ってきたのは、地上で悲惨な生活を送ったのち、すべてがいやになって、自ら命をたった者の霊です。この者には勇気が欠けていたのです。
そうしようと思えば高みを目指すこともできたはずなのに、この男はアルコールに溺れていきました。
彼は、絶望のどん底まで落ち込み、1857年7月22日フランソワ一世塔から身を投げ、みずからの哀れな人生に終止符を打ったのです。
あまり進化していなかった、この哀れな男の魂に、同情してあげてください。それはあなたがたにとって、よき仕事となるでしょう」

その後、調査をした結果、1857年7月23日の新聞「ル・アーヴル」に、次のような記事が掲載されているのを見つけた。
「昨日、四時ごろ、桟橋を散歩していた人々は、悲惨な事故を目撃して心を痛めた。
ある男性が、塔から身を投げて、岩の上に落ち、血まみれになっているのを発見したのである。
年老いた曳き船人夫で、アルコール中毒の果てに自殺したものと見られている。
名前は、ルーヴェ・フランソワ=シモンという。遺体は、コルドリ街の娘の住まいに運ばれた。享年67歳」

この男が死んでから、やがて6年がたとうとしているのに、この男は、相変わらず「塔から落ち、体が岩に激突する」という体験を繰り返している。目の前に広がる空虚を見ては、繰り返し恐れおののいているのである。体が落下する恐怖に、絶えずさらされているのだ。それも6年ものあいだである。
それは、あとどれくらい続くのであろうか?彼には、それはまったく分からず、そしてそのことが、さらに苦悩を深くしている。これは、地獄の業火の苦しみに匹敵すると言えるかもしれない。
誰が、こうした処罰の様子を伝えてきたのか?それは誰かがでっち上げたものなのか?
いや、そうではない。現実に、それらを体験し、耐え忍んでいる者たち自身が伝えてきたものなのである。それは、しばしば、われわれが思ってもみないときに、思ってもみない存在から自発的に伝えられてきた。そのことが、われわれが自分自身の想像力にもてあそばれているのではないことを証明している。


質問・疑問等御座いましたら、お気軽にご連絡下さい。
(お問い合わせはこちら)

上へ戻る