1. TOP
  2. 「アラン・カルデックの霊との対話」からの一部引用(徴兵適齢の息子を持った父親)

「アラン・カルデックの霊との対話」からの一部引用
(徴兵適齢の息子を持った父親)

1859年にイタリア戦争が始まった時、パリに一人の仲買人がいた。多くの隣人達から尊敬されていたこの仲買人は、一人息子があったのだが、その息子に徴兵がかかった。
彼は、何とかして息子に徴兵を免れさせたいと思ったが、どうしても、その方法が見つからなかったので、「自分が自殺して、息子を寡婦の一人息子という立場にすれば、徴兵を免れる」と思って、自殺を決行した。一年後、生前の彼を知っており、彼が霊界でどのように生活しているのかを知りたくなった人の依頼で、この仲買人の霊を招霊することとなった。

―それでは、招霊します。
「ああ、ありがとう!私はとても苦しんでいます。でも…は公正です。私は、許されるでしょう。」(おそらく、「でも神は公正です」と伝えたかったのでしょう。しかし、現在の状況がその様な内容を伝えられるような立場ではないのでしょう。)

―あなたは「苦しんでいる」とおっしゃいました。おそらく、自殺したことは間違いだったのでしょう。しかし、自殺の動機そのものは悪くはなかったのですから その点は斟酌されるのではないですか?
「魂と肉体の両面で苦しんでいます。肉体がもう無いにもかかわらず、苦しんでいるわけですが、これは、ちょうど、手術で手足を切断したにもかかわらず、なくなった手足が痛むように感じられるのと同じです」

―あなたは一人息子のことを思って自殺したわけですが、ほかにはまったく動機はなかったのですか?
「父親としての愛が動機となって、私は自殺しました。それが唯一の動機だったのは事実です。ただし、いかなる理由があるにせよ、自殺することは間違いです。 もっとも、この動機が斟酌されて、罰の期間は短くなるでしょうが」

―苦しみがいつ終わるのか、予測がつきますか?
「予測はつきません。しかし、それが終わることは分かります。そのために、気持ちが楽になるのは事実です」

―少し前、あなたは「神」という言葉を伝えることができませんでした。しかし、あなたより苦しんでいる霊で「神」と伝えることのできる霊もいます。罰の一種なのですか?
「悔い改めの努力を一生懸命すれば、伝えられるようになると思います」

―招霊に応じてくださって、ありがとうございました。あなたに神の慈悲がありますように、お祈りさせていただきます。
「はい、どうかお願いします」と言って彼との対話を終わる。


質問・疑問等御座いましたら、お気軽にご連絡下さい。
(お問い合わせはこちら)

上へ戻る