1. TOP
  2. 「アラン・カルデックの霊との対話」からの一部引用(公衆浴場で自殺した身元不明の男性)

「アラン・カルデックの霊との対話」からの一部引用
(公衆浴場で自殺した身元不明の男性)

1858年4月7日、夜7時頃、こざっぱりした服装の50代の男性が、パリのある公衆浴場にやってきた。サービス係の少年は、浴室に入ったその男性が、いつまでたっても自分を呼ばないので、不審に思って浴室をのぞいてみた。そして、そこで、見るも無残な光景を目撃したのである。その男は、剃刀で喉をかき切っており、浴室中に血が飛び散っていた。
身元の確認が出来なかったため、遺体は死体公示所に運ばれた。
死後6日たってから、パリ霊実在主義協会において、この男性の霊を招霊したところ次のような問答がなされた。

―今あなたはどこにいますか?
「分かりません…。ああ、今私がどこにいるのか教えて下さい」

―あなたは今、霊実在論を研究している人々、あなたを好意的に迎えようとしている人々のあいだにいます。
「私はまだ生きているのですか…。棺桶の中で窒息しそうです。」

(彼の魂は、肉体から離れたとはいえ、いまだに混乱したままである。地上で生きていた時の感覚が強くて、自分が死んだとは思えないのである。)

―ここに来るように、誰かに勧められたのですか?
「何か、ほっとしたことを覚えてます」

―どうして自殺などしたのですか?
「では、私は死んでいるのですか…。いや、そんなことはない…。まだ、体の中にいますから…。私がどれほど苦しいか、あなたがたには分からないでしょう。 ああ、息が詰まる。誰か、優しくとどめを刺してくれないだろうか?」

―どうして身元を確認できるようなものを何も残さなかったのですか?
「私は、みなに見放されたからです。苦しみから逃れようとしたのに、これでは、まるで拷問です」

―いまでも身元を知られるのはいやですか?
「ええ。どうか、血が噴出している傷口に、赤く焼けた鉄を押しつけるようなまねはしないで下さい」

―お名前、お年、職業、住所を教えていただけませんか?
「いやです!どれも教えたくない」

―家族はおありでしたか?奥さんは?子供は?
「私は、みなから見放されたのです。もう誰も愛してくれません」

―どうして、そんなことになったのですか?
「ああ、どれくらい多くの人が私のようになっていることだろう…。家族の誰からも愛されなくなってしまった…、もう誰にも愛されないんだ!」

―いよいよ自殺をしようとしたとき、ためらいはなかったのですか?
「とにかく死にたかったのです…。疲れ果てていたので、休息が欲しかった」

―将来のことを考えて思いとどまるという可能性はなかったのですか?
「私には、将来は、もはやありませんでした。希望をすっかり失っていたのです。希望がなければ、将来のことなど考えられません」

―生命が失われる瞬間は、どんな感じがしましたか?
「よく分かりません。私が感じたのは…。だいたい、私の生命はまだ失われていません…私の魂は、まだ体に繋がっています。ああ、ウジムシが私の体を食っているのが感じられる!」と言って彼との対話が途絶える。


質問・疑問等御座いましたら、お気軽にご連絡下さい。
(お問い合わせはこちら)

上へ戻る